JAL株優待券の使い方とは?金券ショップでも買えるお得な旅行術!

- JALの株主優待券の使い方

JALの株主優待券の使い方

日本で大きな航空会社と言えばJALが思い浮かぶ人も多いと思います。
JALは株主優待として、数々の株主優待券を発行しているそうです。

株主優待券の発行基準として、所有株数が100株からとなっており、その後100株増えるごとに発行枚数も増えてくように設定されています。
多く株を所有しているに越したことはないのですが、100株から株主優待券が発行される点は、投資家としては嬉しいものがあると思います。
JALの株主優待券は上記の基準で発行され、株主割引券と言われています。
毎年3月末、9月末に基準日が設けられていて、その時点で何枚贈呈されるかが決定するそうです。
発送後からおよそ1年間有効で、JALグループの国内路線の1名分の片道普通運賃が50パーセント割引になるというものです。
小児が利用する場合には小児料金の50パーセント割引が適用になり、あくまでも1名につき1枚の片道普通運賃の割引が基本となっています。
JALのグループ国内路線には、(株)ジャルエクスプレス、日本トランスオーシャン航空(株)、琉球エアーコミューター(株)を始めとする各社の国内線、全定期運航路線が含まれます。
またファーストクラスや、クラスJを利用する場合には、普通運賃の部分のみの割引適用となり、別途クラスに準じた料金が発生します。
それでも通常のファーストクラス料金よりも割引かれた運賃となるので、お得だと思います。
このようにJALの株主優待券には、幅広い使い道があり、大変便利に使えると思います。
気になるマイルもしっかりたまります。
株主割引券を利用しても普通運賃なら75パーセント、クラスJなら85パーセント、ファーストクラスなら125パーセントのマイルが積算されるそうです。

こうした便利なJALの株主優待券ですが、どうしても有効期間内に使う予定がない、譲る人も居ないと言う場合には、株主優待券買取などをしている金券ショップへ持っていき、現金化する事が可能となっています。
インターネットオークションに出品する事も出来、その相場は各金券ショップでの相場や、有効期間がどのくらいの期間残っているかなどにより若干変動するようです。
JALの株主優待券は株主本人が必ず使わなければならないという決まりが無く、第3者が使用することが認められているため、譲渡や売買が行われるようになったそうです。
株主優待券そのものが無記名方式のため、便利に有効活用することができるようになっています。

Copyright(C)2014 JAL株優待券の使い方とは?金券ショップでも買えるお得な旅行術! All Rights Reserved.